マンガ描き柳原望が日々つれづれをまにまに綴ります

高杉さん家のレポート

121105-1.jpg

今月は『高杉さん』レシピ本の写真撮影見学にお邪魔した時の
レポート漫画です。

121105-2.jpg

フラッパーさん12月号発売です。
『34歳無職さん』が表紙ですよ〜。
『無職さん』、読む度にあるあるが多すぎて困ってます
何か覗き見されてる?(笑)って気分ですよ。

さて、今月はレポート漫画です。
写真撮影の見学来ますか〜と誘って頂いて
ホイホイと物見遊山で出かけて大変失礼しました!漫画です。
やっぱプロの現場ってスゴイですよ。
どうしてあさの先生の『閃光少女』1巻にお邪魔することになったかの
下りも入ってます。
よろしければご覧下さいませ

しかし、見学行ったの7月かあ。
なんだかすでにすっごい昔な感じです。
うーん、怒濤の日々無事終ってよかった〜

スポンサーサイト

2012-11-05 : おシゴトのこと : コメント : 12 : トラックバック : 1
Pagetop
TORIKAWA4断念 «  ホーム  » 串原ヘボ祭り
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめ【高杉さん家のレポート】
今月は『高杉さん』レシピ本の写真撮影見学にお邪魔した時のレポート漫画です。
2012-11-21 19:54 : まっとめBLOG速報
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

高杉家のその後は
横レス失礼します。
「かりん歩」1~2巻をおよみくださればある程度わかります。
2017-10-16 01:22 : 岡本哲 URL : 編集
温巳と久留里の今は?
「高杉さん家のおべんとう」を読了しました。最終巻発売から4年。ハルと久留里がどうなっているんだろうと想像してしまいます。
「結婚を前提としたお付き合い」が終わって結婚。久留里は気象予報士として、地理学者として、「○○山が××のように見えたら、明日は雨」みたいな各地にある天気の予想の仕方を調べ、現地に入って中継。温巳は「人口移動」を研究しながら、久留里に「ハル、明日、⚫︎⚫︎行く。ハルも一緒」と言われて、弁当作って現地調査。「天気予想の地域による相違点と共通点」の論文を共同執筆してるのかなと想像してます。
2017-10-15 04:36 : まとか URL : 編集
白子中学校
お返事、ありがとうございました。
私は伊勢若松在住ですが、中学校卒業時は白子駅前に住んでいて白子(しろこ)中学校卒業。いとこは千葉県の白子町に住んでいて、いとこの子は白子(しらこ)中学校出身。だから余計に読み方に敏感なんです。
白子って珍しい地名なのに、遠く離れた千葉と三重に同じ漢字名の地区があるのが不思議です。いとこによると、千葉白子町の地引き網漁は、和歌山の方から流されてきた漁師を助けたお礼に、その漁師から教えてもらったものだそう。鈴鹿の白子には、江戸時代の紀伊藩の代官所があったので、その関係からかも。伊勢若松の網元の大黒屋光太夫が、江戸を目指して鈴鹿の白子を出港し、嵐に遭ってロシアまで流されたっていうことは、鈴鹿の白子の漁師が流されて、今の千葉の白子町に住み着いたという可能性もありそうです。
地理学的にも、面白そうな話ですね。
2017-10-15 03:46 : まとか URL : 編集
まどかさま
誤植をそのままにしておいて申し訳ありませんでした。
古い頭の人間で、電子書籍で訂正という頭の回路が繋がってませんでした。そうだ!その時点で直せるじゃん!!と。
明日、担当さんにお願いしてみます。

白子の方々にご不快な思いをさせてしまって重ねてお詫び申し上げます。
そしてお詫びとともにご指摘本当にありがとうございました。
2017-10-05 22:29 : やな URL : 編集
やっぱりなおってませんね(笑)
最近、「高杉さんちのお弁当」の存在を知り、電子書籍で全巻買って読んでいる途中です。その6巻に出てくる近鉄名古屋線の駅名「白子」のルビが「しらこ」のままですね。鈴鹿市立白子(しろこ)中学校出身者としては、チョットです。麻楊さんは、「白子海苔」を言ってますが、千葉県に「白子(しらこ)」という地名があります。白子(しらこ)中学校もあります。できたら、直して欲しいですね。
以前、近鉄難波駅の近鉄駅員も「しらこ」と言ってました。漫画単行本は全国規模で展開されます。全国的に地名の読み方が間違われるのは、地元の者としては悲しいですし、地理学的にも問題ありですね(笑)
2017-10-04 01:22 : まとか URL : 編集
No title
>麻楊さま
すみませんっ、明らかに重大な誤植です!!
最終チェックの時に見落としてしまいました。
本当にごめんなさい。
そして教えて下さってありがとうございました。
増刷・・・できるよう頑張ります・・・;;。
2012-12-05 10:27 : やな URL : 編集
ジモティ的にはとってもザンネン
はじめまして
三重県民なので地元や聞き馴染みのある地名の多い
「高杉さんちのおべんとう」楽しんで読んでます

重箱の隅つついて申し訳ないんですが
近鉄白子駅は「しろこ」です(涙)
同じ漢字で「しらこのり」とかあるのでよく間違われますが
鈴鹿サーキットの玄関口ですのでコミック増判刷るときには
直してもらうと嬉しいです

今後も地元密着ネタ楽しみにしてます
2012-12-01 14:10 : 麻楊 URL : 編集
No title
>波多野鵡鯨さま
誰もが無職時代を経験するもんですねえ。自分もちょっと思い出しました。
>ffo_on
そうですねえ。収録は・・・あるのかな?。
すみません。描いた本人ですけどさっぱりわかりません(爆)
>なーがさま
うっわ〜、何て正確に見ていらっしゃる・・・。よかった、省略して描かなくて・・・(大汗っ)。
このレシピ本の写真の素材、すべて撮影後にスタッフさんがおいしくいただきましたが
スゴイ所なんですよ。撮影用に食べられないフェイクかけたものがないそうですよ!
>ばんどさま
ちまちまと重なる所があるのですよ〜。
しかし全体的に無職さんほどおおらかではありません、私(笑)
>まりあさま
いろいろとアドバイスありがとうございました!目からウロコでした!!
2012-11-30 14:54 : やな URL : 編集
あるある
ってことは「34歳無職さん」を読めばやな様の私生活が垣間見えるということか?(笑)
2012-11-12 12:23 : ばんど URL : 編集
No title
今日、アマゾンから届いたので読みました!

202ページの一コマ目を見ると、撮影したときに影が出ないようにレンズの周りに付けるリングフラッシュが描かれていたり、やっぱり撮影したときに影が出ないように使うレフ板とバウンサーが描いてあったりして、ああ、こういう細々とした撮影って、写真を撮る方も大変だなと、雰囲気が伝わってきました。
さすがにご飯につやを出すために油を塗ったりとかはやらなかったですよね?
食べ物を美味しく撮影するのって、写真の撮影技術の中でもかなりハイレベルらしいです。
今回のレシピ本、このレポートを見て気がついたので、もう一度読み返してみます。
2012-11-10 21:18 : なーが URL : 編集
ん?今回のは…?
今回の掲載作品は…?
コミックには掲載されるのかな???

… 本編が後半の何処かにあるはずだと思ったのは

 だれ?   それは私です
2012-11-07 19:00 : ffo_on URL : 編集
買ってきました。
昨日でていたのをすっかり忘れていたので本日買ってまいりました。今晩読みます。
表紙の「毎日が日曜日」というのを見て「無職時代」を思い出しました・・・。(ほンの3年前ですよ・・。)では。
2012-11-06 21:40 : 波多野鵡鯨 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

やな

Author:やな
柳原望
愛知県在住の漫画描きです。
活動状況はH.P.「天水花苑」を
ご参照ください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ご訪問